CRS305はコンパクトながら非常に強力なスイッチで、4つのSFP+ポートを備え

ポートあたり最大10Gbitに対応します。

また管理アクセスや通常のトラフィック転送用に1Gbitの銅線イーサネット

ポート、電源冗長化用に2つのDCジャックを備えています。

デバイスは非常に洗練されたコンパクトな金属製ケースで、ファンを使用せず

静音動作を実現しています。

 

このデバイスはRouterOSとSwitchOSの2つのオペレーティングシステムを

選択できる「デュアルブート」機能を備えています。

スイッチに特化した機能のみを搭載したシンプルなOSがお好みの場合は

SwitchOSをご利用ください。

CRSでルーティングや他のレイヤ3機能を使用したい場合は

RouterOSを使用します。

RouterOS、SwitchOS、またはRouterBOOTローダー設定から

希望のオペレーティングシステムを選択することができます。

 

すべての機能セットが破壊的な価格で提供され、市場で最高の価格/性能を

提供します。

 

製品仕様

製品コード:CRS305-1G-4S+IN

アーキテクチャ:ARM 32bit

CPU:98DX3236

CPUコア数:1

CPU公称周波数:800MHz

外形寸法:141mm x 115mm x 28mm

RouterOSライセンス:5

オペレーティングシステム:RouterOS / SwitchOS

RAMサイズ:512MB

ストレージサイズ:16MB

ストレージタイプ:FLASH

 

↓↓マニュアル↓↓

http://wiki.mikrotik.com/wiki/Manual:TOC

Mikrotik CRS305-1G-4S+IN RouterBoard

¥30,000価格