USB3.0、1G、2.5Gイーサネットと10GSFP+ケージを備えた頑丈な究極の

ホームラボルーターです。

これらの新しいルーターのうち4つを1つの1Uラックマウントスペースに

取り付けることができます。

この小さなフォームファクタでは前例のない処理能力です。

 

通常のパフォーマンスを2倍にする:

MikroTikユーザーミーティングからのフィードバックを利用して

コンパクトでパワフル、複数の電源オプションと効率的な冷却機能を

備えた完璧なホームラボルーターを作成しました。

 

ボードは9つの有線ポートとフルサイズのUSB3.0を備えています。

7つのポートはギガビットイーサネット、

もう1つは2.5ギガビットイーサネット、

最後のポートは10GSFP+ケージです。

すべてのポートはマーベルアルマダクアッドコア

ARMv8 1.4GHzCPUにつながる10Gbps全二重回線を備えた強力な

マーベルアメジストファミリースイッチチップに接続されています。

CPUとスイッチチップの両方がボードの下部に配置されているため、

ケースは大規模なヒートシンクとして機能します。

RB5009UG+S+INは次の3つの方法で、電力を供給できます。

a)イーサネットポート#1からのPoE入力

b)DCジャック

c)サイド

ボードの2ピン端子には1GBのDDR4RAMと1GBのNANDストレージが

付属しています。

このポートとコンポーネントの組み合わせは同様のフォームファクターの

他の製品と比較してCPU負荷が高い構成でほぼ2倍のパフォーマンスを

提供します。

 

取り付けアクセサリの簡単なセットを使用してこれらのルーターを1つの

1Uラックマウントスペースに4つ取り付けることができます。


製品仕様
製品コード:RB5009UG+S+IN
アーキテクチャ:ARM 64bit
CPU:88F7040
CPUコア数:4
CPU公称周波数:350MHz〜1400MHz(自動)
RouterOSライセンス:5
オペレーティングシステム:RouterOS(v7のみ)
RAMサイズ:1GB
ストレージサイズ:1GB
ストレージタイプ:NAND

 

↓↓マニュアル↓↓
http://wiki.mikrotik.com/wiki/Manual:TOC

Mikrotik RB5009UG+S+IN RouterBoard

¥50,000価格