第1回DJI CAMP無事終了!7月に第2回!

皆さんこんにちは! DJI CAMP インストラクターのマーシーです。 前回5月に開催させていただきました第1回DJI CAMPスペシャリスト認定講座ですが、 無事に終了いたしました! 初めての開催で感じた事や、キャンプの様子などをここで伝えられたらと思っています。 さて、DJI CAMPに参加される方ってどんな人が対象なのでしょうか? 私の考えでは 【ドローンを持っている人全員】 だと思っています。 趣味で飛ばす人、仕事で飛ばす方、会社の空撮担当になった方 ドローンを始めるきっかけや用途は様々です。 が、ドローンを一度空に飛ばせば皆さん いち、ドローン操縦者です。

その中で必要不可欠な知識、そして最低限の技術は身につけておく必要があります。


急なアクシデントでパニックになる操縦者を何回も見てきました。

それはドローンの特性を熟知していない事が多いです。

(私も車を運転していて急に聞きなれない音や動作をされたら焦ると思います…それは車の便利さ、安全面に全信頼を置いてしまい車の事をほとんど知らないため。)


現場に出てそれは許されません。

操縦者としての自覚を持つためにも今一度DJI CAMPでドローンと向き合う時間を作っていただきたいです。


そして航空法の法改正もあり、2021年度からはライセンス制になる話がでてきています。 特に趣味で飛ばしていて法律などの知識もなく、ただただ飛ばしている方は淘汰されていく時代になります。 (個人の見解です)

そのような状況になってもDJI CAMPスペシャリストはなんらかの役に立つと思います。 ーーーーー

という事で話はキャンプに戻り まず、感染予防対策として今回は4名という少数での定員とさせていただき、一週間たらずで満員御礼になりました。 その後滑り込みで1名の追加申し込みがあり、なかなかコンスタントに開催できないCAMPであるためその方も参加していただき、結果5名の受講者でのCAMPとなりました! (キャンプといってもテント張るわけではありませんよ!) 1日目は弊社ライフシードの事務所にてみっちり座学講習です。 私の今まで経験したドローン空撮業務での体験談もまじえ、法律、風、天気、ドローンの特性などを学んでいきます。

自分のケースに当てはめ、質問もいただきながら全員で学んでいくスタイルです。

そして、2日目は急遽場所を変えて須坂の古城荘さんで筆記テストと実技テストを行いました。

風が強く実技テストが外では円滑に進められないと判断し、体育館がある古城荘さんにお願いをしました。

ドキドキの筆記試験…

そして今まで練習してきた成果を発揮する実技試験…


こんな近くでチェックされてたら気が散りますね(笑) テスト時は大体 実力の半分も出せないと言われております。膝や指が震えたりしながらも皆さん頑張っておられました。 DJI CAMPスペシャリストになったからと言ってその日から操縦が飛躍的に上手くなったりするわけではありません。

練習時間や飛行経験がものを言います。 スペシャリストは通過点でしかありませんので、今後も練習に励んでください! と、自分に言い聞かせてみる…。 と言った感じで、少々堅苦しい文面になってしまいましたが、ライフシードでのDJI CAMPは しっかりやる事は真面目にやりながら、抜くところは穏やかな雰囲気で参加していただけるように努めています。 様々な協会や団体のドローン認定試験はたくさんありますが DJI CAMP スペシャリストは群を抜いて 【スペシャリスト】の名に恥じないプログラムになっていると自負しております。


その中でも我々のような日々空撮業務を扱っている現役操縦士がいるところで勉強していただく事は 必ずプラスになる事があるはずです。


次回は7月3-4日! ぜひご参加お待ちしております。 詳細は↓クリック↓

DJI CAMP インストラクター 渡辺